柔軟な働き方が失実現できる介護の仕事

子育て期間中だったり、家事などもこなしながら、かつ仕事も続けたい場合には、正社員よりもパートの方が働き方に融通が利くと思う。特に介護の業界は男性よりも圧倒的に女性の数が多く、それだけ女性にとって働きやすい環境が得やすい。

独身の時は正社員で働いていたが、結婚や妊娠を機にパート勤務や非常勤に切り替わるということも少なくない。また、ブランクがあっても復帰しやすい業種というのも、介護職のメリットだ。産休を取っている間は第一線から離れるが、すぐに現職に復帰しやすい特徴があるので、自分のライフスタイルに柔軟に合わせて仕事をすることができるというわけだ。

たとえば子供を保育園などに預けている間の数時間のみ働くことも可能だ。運動会や遠足といった学校のイベントには休みをもらえるようにシフトの相談をしたりして、比較的フレキシブルに対応してもらえる。さらに子供に手がかからなくなってきたら、キャリアアップやスキルアップのため資格を取得するという手もある。年齢層も定年を迎えた後も働けるので、長い期間働くことができるだろう。

介護と聞くと、肉体労働ばかりでとてもハードな仕事と思うかもしれないが、中には事務職もあるので、年齢的に体力が衰えてきたと感じる人は、ぜひ注目してほしい。事務職の場合は資格が必要になるが、資格取得には平均して約半年もあれば取得できるので、あまりハードルが高いものではないようだ。家庭と仕事を両立させられるパートを探している方は、ぜひ介護の仕事の実状をリサーチして、候補の一つに加えてみてはどうだろう。